【削らない虫歯治療】最新の虫歯治療

治療中の痛みが少なくて短時間で治療が完結

カリソルプについて

削らない虫歯治療では、カリソルプと呼ばれる治療法があります。カリソルプとは虫歯になった歯に専用の薬剤を塗ることによって溶かしていく治療法です。

カリソルプによる削らない虫歯治療では、歯の健康を守るアミノ酸と、虫歯菌を溶かす働きのある成分として次亜塩素ナトリウムが含まれた薬剤が使われます。

この2つの成分のコンビネーションによって、虫歯に対して集中的に治療することができて、周囲の歯に悪影響を及ぼすリスクを抑えることができます。じっくり時間をかけて虫歯を溶かした後、専用の医療器具を使って除去すれば治療が完結します。カリソルプによる削らない虫歯治療では薬剤で虫歯を溶かした直後に、それを除去するだけの治療法なので、注射麻酔をする必要もなく、低刺激で痛みが感じられにくいです。

ただし、カリソルプによる削らない虫歯治療は、虫歯の状態によっては適用できないケースがあります。虫歯の状態が「CI」(虫歯菌が歯の表面にあるエナメル質にとどまっている状態) であれば、カリソルプ治療を受けることが可能です。

虫歯菌が象牙質に達した状態の「C2」までなら、カリソルプ治療を受けられます。

最新のレーザー機器で虫歯や歯周病を治療

最新の歯科治療として今、もっとも注目されているのがレーザーによる削らない虫歯治療です。

医療用レーザー機器には多彩なタイプがありますが、削らない虫歯治療として正式に認可を受けていて、世界各国でもっともポピュラーに使われているのはFotona (フォトナ) 社の「ライトウォーカー」です。

このレーザー医療機器を用いることにより、虫歯を削らず・抜かず・痛みと刺激の少ない治療法が確立されるようになりました。レーザーによる光と熱のパワーを患部のみに集中的に短時間照射することで、他の歯や組織に悪い影響を及ぼすことなく、安全性の高い治療を受けることができます。

レーザーによる治療法を受ける際には、目を保護するために専用のサングラスをかけます。治療中に痛みを感じることはほとんどないため、注射による麻酔は不必要です。レーザー治療が終わった後は虫歯菌が除去され、殺菌されるため、口腔内は清潔な状態となります。レーザーによる治療では短期間で完結するため、歯科医院に通院する回数が少なくて済みます。

レーザーによる治療は虫歯だけではなく、歯周病の治療や歯並びを良くするための治療にもよく使われています。