虫歯の除菌に着目した洗浄液(抗菌水)でうがいをしよう~虫歯になる原因や予防法~

虫歯の除菌や予防を目指した商品は多く出回っており、どれを選べばいいのか迷ってしまう方もいらっしゃると思います。虫歯の予防には、歯磨きにプラスして洗浄液(抗菌水など)の併用もおすすめです。

こちらでは、そもそも虫歯になる原因は何か、どのような症状が出るのか、おすすめの予防方法は何かなどを天野歯科医院がご紹介します。虫歯の除菌や予防方法に関心をお持ちでしたら、ぜひご覧ください。

虫歯の原因は多々ある

歯の質が弱い

肌質と同様に、歯の質は人それぞれです。虫歯菌が出した「酸」に弱く歯が溶けやすい方は、虫歯になるリスクも当然高まります。

歯磨きが不十分

歯磨きが不十分で食べカスが残っていると、そこから虫歯になってしまいます。1日に1回しか歯を磨かない方、詰め物をしている方、歯並びが悪く歯垢が溜まりやすい形状の方などは、虫歯ができやすいと言えます。

間食が多い

何か食べるごとに、その糖分を餌として虫歯菌が酸を作り出しています。そのためダラダラと間食をする方は、どうしても虫歯リスクが高まってしまうのです。糖分がたっぷり含まれるお菓子や、ジュースの摂り過ぎも良くありません。

虫歯菌が多い

口腔内に潜む虫歯菌の数は個人差があり、多いほど虫歯になりやすいことがわかっています。中でも虫歯菌の代表であるミュータンス菌は、幼児期に親から感染する場合がほとんどです。虫歯菌の数は調べることが可能なため、歯磨きをしっかりしていても虫歯になりやすい方は、一度唾液検査を行ってみてはいかがでしょうか。

唾液が少ない

唾液は口腔内を洗浄したり歯を保護したり、虫歯菌の繁殖を抑える抗菌水の代わりになるなど様々な役割があります。また、虫歯菌の出した酸で歯が脱灰状態に傾いたとしても、それを中和する働きも担うため、唾液が少ないと虫歯リスクも高くなります。

こうした様々な原因が重なり、虫歯になる方が多くいらっしゃいます。歯医者さんに通って治療や定期検査を行う他、ホームケア用品を駆使して虫歯予防に努めましょう。

虫歯の主な症状

歯の異常を確認する女性

しみる

虫歯の症状として代表的なのは、何かを食べたり飲んだりしたときに「しみる!」と感じる症状です。虫歯菌は歯に残った糖分を餌にして増殖し、プラーク(歯垢)と乳酸をつくり出します。酸性のプラークがゆっくりと歯のエナメル質を溶かして穴が空いてしまうと、象牙質が露出して外部刺激が神経に伝わり、しみるようになるのです。

痛みがある

さらに虫歯が進み象牙質が壊れると、歯髄炎になって痛みを強く感じるようになります。症状がひどいと、歯の根っこが化膿してしまうケースもあります。

シミができる

虫歯になった歯には茶色や黒色のシミが見られます。一方、しみたり痛んだりしても、虫歯でなく知覚過敏の場合は、こうしたシミはできません。歯磨きをしてもシミが消えない場合は、早めに天野歯科医院へお問い合わせください。

虫歯を防ぐためには?~歯磨き・うがい・洗浄液(抗菌水)の併用など~

タオルを首にかけて歯磨きをする女性

適切な歯磨き

虫歯予防の基本は適切な歯磨きです。毎日の正しいブラッシングでプラークを落とし、虫歯菌を寄せ付けない習慣を送りましょう。出先で歯磨きができない場合は、うがいをするだけでも変わります。

ホームケア用品の併用

ブラッシングだけでは汚れが落としきれない部分は、フロスを使って丁寧に取り除きます。また、口腔洗浄液ペリオトリートの併用もおすすめです。20秒間うがいをすることで、口腔内を清潔な状態に導きます。

間食に注意する

おやつ時間を設けてお菓子を食べるのは問題ありませんが、上述したようにダラダラ食べは虫歯リスクが高まるため、なるべく食事時間を決めておくことがポイントです。その後の歯磨きもセットで行いましょう。

虫歯の除菌や予防に関心がある方は天野歯科医院へ

口腔内を除菌して清潔に保ち、虫歯を予防したいと考える方に、虫歯の原因や症状、予防法についてご紹介いたしました。

歯磨きと併用して毎日使える口腔洗浄液を探していましたら、天野歯科医院が開発したペリオトリートをお試しください。歯周病の方やお子様も使用可能です。虫歯予防や除菌の方法に興味をお持ちの方は、ぜひサイト内の情報もチェックしてください。

虫歯の除菌や予防を目指したい方は天野歯科医院へ!

会社名
天野デンタル株式会社
運営責任者
天野聖志
住所
〒106-0047 東京都港区南麻布5丁目11−1
電話番号
03-5422-8726
FAX番号
03-3280-0086
メールアドレス
periotreat@amanodental.com
URL
https://periotreat.com