歯周病の菌を除菌・洗浄するのはうがい薬だけ?歯磨き&洗浄液で対策すべき歯周病とは

歯周病は歯ぐきの衰えとともに気になってくる病気の一つです。ただ、一口に歯周病と言っても種類があります。「うがい薬で除菌・洗浄しているから大丈夫」と思っている方、洗浄液で口をすすいでいるからといって安心していませんか?

こちらでは歯周病の対策に役立つ情報を得たい方に向けて、歯周病がどのような病気で何が原因で発症するのかを説明いたします。

歯周病とは?

歯の模型を観察する虫眼鏡

歯周病とは細菌の感染によって、歯の周辺組織が炎症を起こしてしまう病気の総称です。歯周病には歯肉炎と歯周炎の2種類があります。

歯肉炎

歯肉炎は歯垢となって繁殖する歯周病菌が合成・生成する毒素によって起こる歯ぐきの炎症です。歯ぐきが丸みを帯びて膨らみ、やがて歯から剥がれはじめて歯ぐきと歯の境目の溝が深くなる歯周ポケットが形成されます。

歯周炎

歯ぐきのみに留まっていた炎症が進行し、歯ぐきは赤く腫れあがって歯周ポケットがさらに深くなります。すると、歯を支える歯根膜と土台の骨(歯槽骨)が破壊され、歯のぐらつきや食事のし辛さを覚えます。ちなみに歯周炎は、かつて歯槽膿漏とも呼ばれていました。

歯周病は痛みがなく静かに進行する病気であるため、歯ぐきの腫れに気がついたときは、すでに歯槽骨まで進行している場合が多いです。治療をせずにいると最後は歯が抜け落ちてしまいますので、歯周病になる原因をきちんと取り除く必要があります。

歯周病になる主な原因

歯が痛い様子の女性

歯周病の主な原因は、虫歯菌や歯周病菌の塊である歯垢(プラーク)です。口の中には約300~500種類の細菌が住んでいて、普段は唾液に含まれる除菌・抗菌物質に洗い流されています。

しかし、甘いものを食べすぎたり歯磨きが不十分であったりすると、虫歯菌や歯周病菌が粘着性のあるバイオフィルムをつくり、歯垢が歯の表面に付着しやすくなります。

歯周病を悪化させる危険因子

直接的な原因は歯垢にありますが、それ自体を増殖させる危険因子が歯周病を悪化させます。例えば、歯並びや歯石、口呼吸によるドライマウスなどです。

歯周病菌はうがい薬や洗浄液での洗浄で減らせるものの、それだけでは対策できない危険因子があります。

それは、普段の何気ない生活習慣です。歯ぐきの血行不良を起こす喫煙・ストレス、食生活の偏りなどは、歯周病菌に対する抵抗力の低下につながります。

喫煙の回数を減らしたり睡眠時間を十分に確保したり、栄養バランスを考えた献立を工夫するなどして、普段の生活習慣も見直しましょう。

歯周病は除菌・抗菌を意識した正しい歯磨き&生活習慣の改善で対策!

歯周病は原因菌の感染によって起こる病気であるため、除菌・抗菌を意識した正しい歯磨きと生活習慣の改善が欠かせません。歯磨きだけで歯周病菌を完全に除菌するのは難しいですが、洗浄による効果で減らしていくことは可能です。

また、うがい薬や洗浄液での洗浄も併せれば、口腔内の環境はよい状態を保ちやすくなります。天野歯科医院では歯周病に悩まないための対策として、ホームケア用品の提案と歯磨きアプリ「歯磨き貯金」をご案内しています。歯磨き貯金はスマートフォンとタブレット端末用の本格的な歯磨きアプリですので、ぜひお役立てください。

歯周病の菌を除菌しませんか?

会社名
天野デンタル株式会社
運営責任者
天野聖志
住所
〒106-0047 東京都港区南麻布5丁目11−1
電話番号
03-5422-8726
FAX番号
03-3280-0086
メールアドレス
periotreat@amanodental.com
URL
https://periotreat.com