口内洗浄で歯垢を除去して口臭の対策を!知れば納得する歯垢の正体と対策する方法

歯垢またはプラークという言葉、歯磨きや歯ブラシのCMでよく耳にしませんか?

口臭の原因になるなど何となくよくないイメージはあるものの、歯垢がどのようなものでなぜ口内洗浄で除去すべきなのか、それをきちんと説明できる方は少ないかと思います。そこで、口臭の原因となる歯垢の正体について説明いたします。

口臭の原因となる歯垢の正体とは?

臭いが気になる様子の女性

歯垢とは歯の表面に付着する虫歯・歯周病の原因菌の塊を指す言葉で、プラークとも呼ばれています。

顕微鏡でないと認識できない無数の菌が目で見てわかるようになるまで繁殖したものであって、歯と歯の間に挟まる食べ物のカスではありません。歯垢の約7割以上は虫歯・歯周病の原因菌の集団で、残りは菌がつくり出したバイオフィルム(粘着物質)です。

歯垢が付着しないように対策するには?

口臭の原因である歯垢は生きている菌の集団ですので、水道水で口をすすいだくらいでは対策しきれません。虫歯・歯周病の原因菌によってつくられるバイオフィルムを壊すには、歯磨きやフロスなど物理的に除去する口内洗浄が必要です。歯周ポケットの中まで対策したい場合は、口腔洗浄器または洗口液を併用するとよいでしょう。

歯垢と歯石は別物!

腕を組むナース

歯石は口内洗浄で除去しきれなかった歯垢が石灰化したものです。歯垢は食事をしてから4時間以上経つと菌によってつくられるのに対し、歯石は唾液に含まれるカルシウムやリンが歯垢の中に沈着して、2日ほどかけてつくられます。特にできやすいのは、歯磨きがしにくい歯と歯の間(歯周)、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の溝です。

歯石が付着しないように対策するには?

歯石になる前、つまり歯垢の状態であるときに口内洗浄で対策する必要があります。歯石になってからだと、セルフケアでは除去できません。歯科医院での歯石除去が必要になります。

歯垢は口内洗浄で除去しよう!洗口液の併用で口臭もクリアに

口臭の原因となる歯垢の正体がわかると、おのずと口内洗浄の大切さもわかってくると思います。口臭が気になる方は毎日の歯磨きと併せて、洗口液で歯と歯の間や歯周ポケットに潜む汚れを洗い流しましょう。

天野歯科医院では歯磨き後に使用する洗口液「ペリオトリート」を、ホームケア用品としてご案内しています。中性に近い弱アルカリ性の洗口液ですので、歯磨きの後にペリオトリートを10~20ml程度□に含んでうがいすると、口臭の対策としても効果を期待できます。

歯垢は口内洗浄で除去して口臭対策をしませんか?

会社名
天野デンタル株式会社
運営責任者
天野聖志
住所
〒106-0047 東京都港区南麻布5丁目11−1
電話番号
03-5422-8726
FAX番号
03-3280-0086
メールアドレス
periotreat@amanodental.com
URL
https://periotreat.com